映画的教育力と物理学的人生論
映画を観て教育を語る。と言いつつ、自分の人生を自然哲学的に論じてみようと思う。とはいうものの・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミッション・インポッシブルとスパイ大作戦

実はサークル「シネマZo3倶楽部」の主催もしています。
トム・クルーズ大悪乗りの楽しい大活劇。昭和元禄青春年代にとっては「スパイ大作戦」なのですけれどもね。決まり文句の「例によって、君もしくは君の部下がいかなることになっても、当局は一切関知しない。このテープは自動的に消去される。」は、後々のテレビ時代劇の「大江戸捜査網」の「生きて屍拾う者なし」につながる。

 ところで、テープのバックアップはとっていないのでしょうか。パソコンのデータのバックアップはちゃんとしておきましょうね。※新製品4HD-1)CM-3000H

映画のことなら http://www.cine-culture.jp/

映画・本の教育力は http://bookcinema-sportsphysics.at.webry.info/

ジョニー先生からの伝言は http://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/manage?blog_id79021/

サークル「シネマZo3倶楽部」にも来て下さいね。
 
こんなグッズ発見。スパイごっこをした少年時代が懐かしい。少年時代の心をとりもどしましょうね。G-SHOCK ミッションインポシブル DW-6900-1V
おすすめCDと前作前々作DVDです。
ミッション・インポッシブル ミッション:インポッシブル スペシャル・コレクターズ・エディションM:I-2(ミッション:インポッシブル2) ◆20%OFF!

スポンサーサイト

テーマ:最新映画 - ジャンル:映画




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。